連絡先をCSV出力できるアプリ「My Contacts Backup」

アプリ

iPhoneに登録している「連絡先」のデータを取り出して、パソコンで使いたいと思ったことはありませんか?

ネットで検索するといくつかの方法が見つかりますが、このページでは操作がカンタンな無料アプリ「My Contacts Backup」を使った方法を、画面を使って詳しく説明します。

概要

iPhoneの「連絡先」アプリのアイコン

iPhoneとパソコンをつないでiTunesを立ち上げても、「連絡先」のデータは取り出せません。

そこで、ネットで検索するといくつかのWindows/Mac用のソフトが見つかりますが、料金がかかったり、よくわからない会社のソフトはセキュリティ的に心配、といったデメリットがあります。

一方、ここで紹介する「My Contacts Backup」は、無料アプリであり、アップル公式のApp Storeで配布しているという点で安心感がある、というメリットがあります。

手順

大きく分けて、次の3段階の手順があります。

アプリ「My Contacts Backup」のインストール

連絡先データのエクスポート

全10Step
  • Step 1

    iPhoneのホーム画面から、「My Contacts Backup」をタップして起動します。

    MyContactsBackupの起動

  • Step 2

    アプリが起動したら、①のようにiPhoneに登録されている連絡先の数が表示されます。

    このサンプル画面では4443件が登録されています。

    では、出力先のファイル形式を設定するので、②の歯車のアイコンをタップします。

    MyContactsBackupの起動画面

  • Step 3

    「Settings」の画面が開いたら、①の「Type」の行をタップします。

    MyContactsBackupの設定画面

  • Step 4

    「Export Type」の設定画面が開いたら、①の「CSV (Excel)」を選んでから、②の「完了」をタップします。

    MyContactsBackupのExportのTypeの設定画面

  • Step 5

    「Settings」の画面に戻ったら、①の「完了」をタップします。

    設定関係はここまでです。

    次からは、データの出力をします。

    MyContactsBackupのSettings画面

  • Step 6

    My Contacts Backupの基本画面に戻ったら、①の「Export」のボタンをタップします。

    MyContactsBackupでExportの実行

  • Step 7

    Export実行中に図のようなWarning(警告)が出たら、①の「OK」をタップします。

    英語の部分の意味は、以下のとおりです。

    連絡先のプロフィール写真のため、バックアップファイルのサイズが大きすぎます。
    サイズが大きすぎる場合、メールプロバイダーが添付ファイルをブロックすることがあります。
    プロフィール写真を除外しますか?

    MyContactsBackupでExport時の警告

  • Step 8

    図のように「Email」のボタンが表示されたら、データ出力が完了です。

    データをメールで送信するので、①の「Email」ボタンをタップします。

    MyContactsBackupでExportの完了

  • Step 9

    図のようにメール送信画面が表示されたら、①に送信先のメールアドレスを入力してから、②の上向きの矢印のアイコンをタップします。

    もしも送信したくない場合は、③の「キャンセル」をタップします。

    MyContactsBackupでExportのメール送信

  • Step 10

    図のような画面が表示されたら、メール送信の完了です。

    ①の「OK」をタップしてから、アプリを終了します。

    引き続いて、メール送信されたファイルを確認する手順となります。

    MyContactsBackupでExportのメール送信の完了

エクスポートしたデータを確認する

全3Step
  • Step 1

    メール送信されたファイルを確認してみます。

    以下は、Gmailで受信したものです。

    このファイルをダウンロードして開いてみます。

    MyContactsBackupでExportのメール送信の確認

  • Step 2

    ファイル形式は拡張子CSVのテキストファイルなので、Windowsの「メモ帳」やMacの「テキストエディット」などで開くことができます。

    以下は、Macのエディタアプリ「CotEditor」で開いたところです。

    MyContactsBackupでExportのメール送信の確認

  • Step 3

    また、CSVファイルといえばExcelで使う場合が多いと思います。

    以下はMac版のExcelで開いたところです。

    文字化けしないように、文字コードがUnicode(UTF-8)で開くようにしてください。

    MyContactsBackupでExportのメール送信の確認

このページの記事は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました