iPhone/iPadでコントロールセンターを出さないように設定する方法(無効化)

スイッチ switch 基本操作

iPhone/iPadで操作中に、誤ってコントロールセンターが表示されないようにする方法を紹介します。

特に、フリック入力のキーボードの下にある文字入力中に、コントロールセンターが表示されてストレスを感じる人は参考にしてください。

iPhone SEを使っているんだけど、フリック入力の下のキーの時に間違ってコントロールセンターを誤爆しやすいんだ。

iPhone フリック入力

そんな人向けに、この記事を書きました!

スポンサーリンク

コントロールセンターとは何か

iOS 7以降に導入された機能で、iPhone/iPadの使用中に各種設定を行えるものを言います。

以下の図は、iPhone SE(第2世代)+iOS 15でコントロールセンターを表示させたところです。

iPhone コントロールセンター

コントロールセンターの出し方はiPhone/iPadの機種によって違って、以下の2通りがあります。

機種コントロールセンターの出し方図解
ホームボタンのある機種画面の下の端から上に向かってスワイプするiPhone SE
ホームボタンのない機種画面の右上の端から下に向かってスワイプするiPhone 13
スポンサーリンク

コントロールセンターを出ないようにする設定(無効化)

コントロールセンターは、ホーム画面が表示されている間は無効にすることができません。

一方、アプリを使用中には、次の手順で無効にすることができます。

▶︎ アプリ「設定」をタップして起動します。

iPhone アプリ「設定」

▶︎ アプリ「設定」が起動したら、項目「コントロールセンター」をタップします。

iPhone アプリ「設定」

▶︎ 画面が「コントロールセンター」に切り替わったら、スイッチ「App使用中のアクセス」をタップしてオフにします。

反対に、オンに戻すと元通りアプリ使用中でもコントロールセンターが使用可能になります。

【オフにした状態】

iPhone アプリ「設定」 コントロールセンターがオフ

【オンにした状態】

iPhone アプリ「設定」 コントロールセンターがオフ
スポンサーリンク

まとめ

iPhone/iPadで操作中に、誤ってコントロールセンターが表示されないようにする方法を紹介しました。

当サイトはiPhone/iPadに絞って便利な情報を掲載していますので、他のページもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました