iPhoneを紛失したので、Mac/iPadのアプリ「探す」で探した

FindMy.app アプリ「探す」 Apple純正アプリ

先日、イオンモールで買い物をしている時に、iPhoneをどこかに落としてしまいました。

その時に、iPhoneのある場所を探した方法を紹介します。

使ったのは、Mac/iPadのアプリ「探す」です。

スポンサーリンク

Macのアプリ「探す」でiPhoneを探した顛末(てんまつ)

イオンモール内のダイソーで買い物をした時の支払いにPayPayを使ったことを思い出しました。

その時にiPhoneを取り出して画面を表示して支払ったので、ダイソーで落としたのに間違いない、と思いました。

そこで、手元にMacBook Airがあったので、イオンモール内の無料Wi-Fiに接続してから、アプリ「探す」を起動してみました。

アプリ「探す」でiPhone/iPad/Macを探すには、同一のアップルIDが登録されてログインされている必要があります。

その結果、以下の図のようにiPhone(以下の図ではLuciferという名前)の現在地が表示されました。

Mac アプリ「探す」

念のために、iPhoneを落としたであろうダイソーまで行って店員に聞いてみると、すでにiPhoneを発見してインフォメーションセンターに届けたとのことでした。

アプリ「探す」で表示された場所は、インフォメーションセンターの場所でした。

受け取りの手続きを行なって、無事にiPhoneを受け取ることができました。

スポンサーリンク

iPhone/iPad/Macで、アプリ「探す」の使い方

iPhone/iPad/Macで、アプリ「探す」を起動します。

FindMy.app アプリ「探す」
アプリ「探す」のアイコン

まず、「デバイスを探す」を選ぶと、同一のアップルIDでログインしているアップル製品の現在地(または最近の所在地)が表示されます。

【iPhone】

iPhone アプリ「探す」 デバイスを探す

【iPad】

iPad アプリ「探す」 デバイスを探す

【Mac】

Mac アプリ「探す」 デバイスを探す

次に、「持ち物を探す」を選ぶと、AirTagの所在地が表示されます。

AirTagについては、この後の章で説明します。

【iPhone】

iPhone アプリ「探す」 持ち物を探す

【iPad】

iPad アプリ「探す」 持ち物を探す

【Mac】

Mac アプリ「探す」 持ち物を探す
スポンサーリンク

アップル製品以外を、アプリ「探す」で探すには?

「AirTag」を使います。

Apple AirTag
Apple(アップル)
¥4,780(2022/12/02 15:20時点)
「探す」アプリで、友だちやデバイスを探すように、あなたの持ち物を探せる

AirTagのケースはいろんなメーカーから発売されていますが、コスパ重視で水濡れを防ぐ目的で、以下の製品を愛用しています。

完全防水ではないので、水没や大雨には耐えられないと思いますが。

PZOZ 4枚入 AirTag ケース エアタグ キーホルダー 防水 盗難防止 耐衝撃性 Air Tag保護カバー
PZOZ
¥1,880(2022/12/02 15:20時点)
【互換性】2021年のAirTagにのみ適用されます(注:AirTagは含まれていません)。

私が実際に使っているのは、家の鍵のついたキーホルダーと、バイク(スーパーカブ)です。

バイクの取り付けにはジップロックで二重に包んで、工具を使わないと外れない場所にAirTagを仕込んでいます。

ちなみに、AirTagの乾電池(CR2032ボタン電池)はおよそ1年間持ちます。

スポンサーリンク

まとめ

iPhoneを落とした時の顛末と、その時にMac/iPadのアプリ「探す」で探した方法を紹介しました。

加えて、AirTagの簡単な紹介もしましたが、AirTagは紛失防止の他に盗難対策にも有効なので、個人的にオススメのツールです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました