当サイトのリンクには商品・サービスのPRを含む場合があります。

iPhone/iPadの「メモ」アプリで文字数を数える方法を4つ紹介

カウンター 計測器 「メモ」アプリ
更新日:2023年03月16日

投稿日:2022年12月01日

iPhone/iPadのアップル純正アプリ「メモ」には、文字数を数える機能がありません。

ここでは、他の無料アプリと組み合わせて、「メモ」の文字数を数える方法を4つ、メリット・デメリットを比較しながら紹介します。

以下に、4つの方法を一覧表にまとめました。

結論から言うと、シンプルに文字数を数えるだけなら操作が簡単な①がイチオシ、きめ細かい設定をするなら②がオススメです。

②のきめ細かい設定の内容は、該当する説明箇所で具体的に説明します。

③④は①②の補助的な方法として使ってください。

方法メリットデメリット
① 追加アプリ「文字数カウント」・アプリ切り替え不要・iOSのバージョンによっては、使えない場合がある
② 追加アプリ「文字数カウントメモ」・きめ細かい設定が可能・アプリ切り替え必要
③ 純正アプリ「ショートカット」・アプリ切り替え不要・大雑把な機能しかない
④ 純正アプリ「Pages」・特になし・大雑把な機能しかない
・アプリ切り替え必要

スポンサーリンク

① 追加アプリ「文字数カウント」で文字数を数える

▶︎ 追加アプリ「文字数カウントメモ」は、iPhoneで以下のリンクをタップしてApp Storeからインストールします。

▶︎ アプリをインストールしたら起動します。

iPhoneアプリ「文字数カウント」

▶︎ 設定画面が表示されたら、お好みに合わせて設定して、最後に文字「設定を保存する」をタップします。

以下では一例として「改行は数に入れない」だけにチェックを入れています。

以上で、事前設定は完了です。

iPhoneアプリ「文字数カウント」

▶︎ アプリ「メモ」を開いて、文字数を数えたい部分を選択してから、ポップアップメニュー「共有…」をタップします。

iPhone アプリ「メモ」

▶︎ 共有メニューが表示されたら、項目「文字数をカウントする」をタップします。

表示されてない場合は、「アクションを編集…」から追加してください。

iPhone アプリ「メモ」

▶︎ 数秒後に画面に文字数が表示されます。

表示されたらボタン「OK」で終了します。

iPhone アプリ「メモ」

スポンサーリンク

② 追加アプリ「文字数カウントメモ」で文字数を数える

▶︎ 追加アプリ「文字数カウントメモ」は、iPhoneで以下のリンクをタップしてApp Storeからインストールします。

▶︎ アプリ「メモ」を開いて、文字数を数えたい部分を選択して、コピーします。

iPhone アプリ「メモ」

▶︎ アプリ「文字数カウントメモ」をタップして起動します。

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」

▶︎ アプリ「文字数カウントメモ」が起動したら、アイコン+をタップして文書を新規作成します。

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」

▶︎ 文書が新規再生されて入力画面になったら、入力領域で長押し(ロングタップ)して、ポップアップメニューから「ペースト」をタップします。

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」

▶︎ 文書がペーストされたら、画面上のチェックマークのアイコンをタップして保存します。

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」

▶︎ 画面右下の123の数字が描かれたアイコンをタップします。

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」

▶︎ 図のような設定画面が表示されたでしょうか?

ここで各項目を設定すると、このページの冒頭で説明した「きめ細かい設定が可能」となります。

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」 カウント方式の設定

カウント方式

  • 「アップ」は、通常通り文字数をカウントする
  • 「ダウン」は、設定した目標文字数まで残り何文字かを表示する

以下は、「ダウン」で目標文字数1,000に設置した場合の画面表示です。

ステップ1:「ダウン」で「1,000」に設定

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」 カウント方式の設定

ステップ2:目標文字数まで「975」と表示された

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」 カウント方式の設定
  • 「文字数」は、全角半角関係なく、1文字は1とカウントする
  • 「バイト数」は、全角文字は2で半角文字は1とカウントする
  • 「英単語数」は、英単語の数だけカウントする

「文字数」

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」 カウント方式の設定

「バイト数」

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」 カウント方式の設定

「英単語数」

iPhone アプリ「文字数カウントメモ」 カウント方式の設定

カウント対象

以下の特殊文字を1文字としてカウントするかどうかをオン・オフできる。

  • 半角スペース
  • 全角スペース
  • 改行
iPhone アプリ「文字数カウントメモ」 カウント方式の設定

▶︎ 追加アプリ「文字数カウントメモ」で文字数を数える方法は、以上です。

スポンサーリンク

③ 純正アプリ「ショートカット」で文字数を数える

iPhoneの純正アプリ「ショートカット」は簡単なプログラムを作成・動かすためのアプリです。

自分で文字数をカウントするショートカットの作成方法はネット検索するといくつか出てくるので、ここではすでに完成版のショートカットを使う方法を紹介します。

▶︎ iPhoneで以下のリンクをクリックして、ショートカット公開されているサイトを開きます。

▶︎ 「Word & Character Count」というショートカットが表示されたら、ボタン「ショートカットを追加」をタップします。

iPhone ショートカットを追加

▶︎ ショートカットの一覧画面に表示されたら追加完了です。

以下から、使い方の説明です。

iPhone ショートカット一覧画面

▶︎ アプリ「メモ」を開いて、文字数を数えたい部分を選択して、コピーします。

iPhone アプリ「メモ」

▶︎ ショートカット一覧画面を表示して、「Word & Character Count」をタップします。

iPhone ショートカット一覧画面

▶︎ ポップアップ画面で文字数が表示されます。

確認したら、ボタン「完了」で閉じます。

ちなみに、文字数はcharacter(s)の部分ですが、これは空白・改行も1文字としてカウントしています。

iPhone ショートカット一覧画面

スポンサーリンク

④ 純正アプリ「Pages」で文字数を数える

▶︎ アップル純正アプリ「Pages」は、」マイクロソフトWordのようなワープロアプリです。

iPhoneにはデフォルトでは入っていない場合があるので、その時は以下のリンク先からインストールしてください。

▶︎ ここからは文字数の数え方の説明です。

アプリ「メモ」を開いて、文字数を数えたい部分を選択して、コピーします。

iPhone アプリ「メモ」

▶︎ アプリ「Pages」で新規文書を作成して、先ほどの文章をペーストします。

iPhone アプリ「Pages」

▶︎ ペーストすると画面の下に文字数が表示されるので、その部分をタップします。

iPhone アプリ「Pages」

もしも文字数が表示されない場合は、①右上のメニューアイコンを開いて、②表示オプション項目を展開して、③単語数表示を表示、に切り替えてください。

iPhone アプリ「Pages」

▶︎ ポップアップ画面で、文字数が表示されます。

iPhone アプリ「Pages」

スポンサーリンク

まとめ

iPhone/iPadのアップル純正アプリ「メモ」の文字数を数える方法を4つ、メリット・デメリットを比較しながら紹介しました。

以下は関連記事の紹介です。

当サイトでは、iPhone/iPadのアプリ「メモ」の使い方について、複数の記事を公開しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました