iPhone/iPadでアプリ「Japan Wi-Fi auto-connect」を使う方法(コメダ/ローソン/駅etc)

Japan Wi-Fi auto-cconect アプリアイコン アプリ

2022年10月下旬から、個人的に常連になっているコメダ2件でWi-Fiがアップデートされ、アプリ「Japan Wi-Fi auto-connect」を使うようにおすすめされました。

そこで、ここではコメダで使う方法を紹介します。

その他でもローソンやイオンモール、JRや地下鉄の駅でも使えるはずです。

スポンサーリンク

どんなアプリ?

無料Wi-Fiサービスに自動的に接続してくれる無料アプリです。

自動接続してくれるWi-Fiサービスは、次の章を参照してください。

Japan Wi-Fi auto-cconect アプリアイコン

このアプリの提供元は「NTTブロードバンドプラットフォーム」という会社で、NTTグループです。

会社としての信頼性は高いので、怪しげなアプリではありません。

このアプリは、もともと訪日外国人向けとして提供されていましたが、日本国内の日本人でも無料で使うことができます。

スポンサーリンク

利用可能なWi-Fiサービス一覧

最新の対応サービスは、以下のリンク先から公式サイトで確認ができます。

対応Wi-Fiサービス | Japan Wi-Fi auto-connect

例えば、よく使われる接続先としては、以下があります。(ごく一部だけ抜粋)

  • コメダ
  • ローソン
  • イオンモール
  • ビックカメラ
  • プロント
  • ケンタッキーフライドチキン
  • JR東日本
  • 東京メトロ
  • 都営地下鉄
スポンサーリンク

アプリ入手先

iPhone/iPad向け

Android向け

スポンサーリンク

基本的な使い方

ここでは、iPhoneを使って基本的な使い方を紹介します。

▶︎ アプリ「Japan Wi-Fi auto-connect」をタップして起動します。

iPhone アプリ「Japan Wi-Fi auto-connect」

▶︎ アプリが起動したら、Wi-Fiの接続先が表示されます。

表示は次の2種類あって、画面下のボタン「表示切り替え」をタップして切り替えができます。

  • リスト表示
  • マップ表示

【リスト表示】

iPhone アプリ「Japan Wi-Fi auto-connect」

【マップ表示】

iPhone アプリ「Japan Wi-Fi auto-connect」

▶︎ 【リスト表示】で接続先のWi-FiのSSIDが表示されているので、これを覚えておきます。

ここでは例として、一番上のコメダのWi-Fiに接続するので、SSIDの「Komeda_Wi-Fi」を覚えておきます。

iPhone アプリ「Japan Wi-Fi auto-connect」

▶︎ iPhone/iPadのホーム画面に戻り、標準アプリ「設定」を起動します。

iPhone アプリ「設定」

▶︎ アプリ「設定」が起動したら、項目「Wi-Wi」をタップします。

iPhone アプリ「設定」

▶︎ 項目「Wi-Fi」が表示されたら、Wi-FiのSSID(接続先の名前)から、先ほど覚えておいたSSIDをタップします。

アプリ「Japan Wi-Fi auto-connect」の自動接続に対応しているSSIDには「Japan Wi-Fi auto-connect」と表示されるので、それも参考にします。

iPhone アプリ「設定」

▶︎ SSIDに接続されると、画面の上に通知が表示されます。

ここまでで接続はできましたが、次回以降は自動接続されるように設定します。

接続されたSSIDの右端にあるアイコンをタップします。

iPhone アプリ「設定」

▶︎ SSIDの設定が開いたら、次の2つの項目のスイッチをオンにします(右にスライドの状態)。

  • 自動接続
  • 自動ログイン

設置したら、画面左上の文字「Wi-Fi」をタップして完了です。

iPhone アプリ「設定」

スポンサーリンク

自動接続されない時は?

おそらく、SSIDが「自動接続」「自動ログイン」になっていないのでは、と思います。

前の章でも説明していますが、アプリ「設定」からSSIDの情報を開いて、確認してみてください。

iPhone アプリ「設定」
スポンサーリンク

まとめ

私が最近使っている、オススメのモバイルバッテリーを紹介します。

Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000) (10000mAh / 大容量モバイルバッテリー) 【USB Power Delivery対応/PowerIQ 3.0 (Gen2) 搭載/PSE技術基準適合/USB-C入力対応】 iPhone 14 / iPhone 13 Pixel その他 各種機器対応 (ブラック)
Anker
¥4,690(2022/12/02 11:12時点)
iPhone 13にも急速充電:iPhone 13シリーズにも急速充電が可能。一般的な5W出力のモバイルバッテリーに比べ最大3倍速く充電できます。 (※iPhone 13を0%から30分充電した場合との比較)

気に入っているのは、次の点です。

  • 容量が10,000mAhあるので、iPhoneなら3回ぐらい充電できて、なかなか減らない印象がある
  • iPhoneより一回り大きいが、厚みが薄いので、意外と持ち運びに気にならない
  • 半年以上ひんぱんに使っているが、劣化した感じがしない
  • USB Type-Cコネクタがバッテリーへの充電と、スマホへの給電の両方に使える
  • 本体にスジ状の波が付いているので、滑り落としにくい

一方、デメリットは次の点です。

  • 同類の他社メーカー製より値段が高い
  • 容量が大きいので、満充電には時間がかかる

同様の他社メーカーの製品も何度か買いましたが、「これ本当に10,000mAhあるの?」とか、経年劣化が見られたので、今では信頼の実績のAnkerだけを買うようになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました