iPhone/iPadで、PDFをPNGやJPEGなどの画像に変換する方法(標準アプリかつ無料)

PDFアイコン

Phone/iPadで、PDFをPNGやJPEGの画像に変換する方法を紹介します。

ここで紹介する方法は、標準アプリ「ショートカット」の公開スクリプトを使うので無料です。

また、スクリプトの内容の説明と、自分好みにカスタマイズする方法も説明します。

このページの内容は、以下の環境で検証しています。

  • OS:iOS 16.2
  • 端末:iPhone SE(第二世代)
スポンサーリンク

概要

iPhone/iPadやMacには、標準アプリで「ショートカット」というものがあります。

iPhone アプリ「ショートカット」
アプリ「ショートカット」のアイコン

これは、簡単なプログラム(以降はスクリプトと呼びます)を作成・実行できるアプリです。

自分でスクリプトを作成するほかに、他の人が作って公開されたスクリプトを利用することもできます。

アプリ「ショートカット」が使えるのは、以下のバージョンのOSです。

  • iOS 12以降(2018年リリース)
  • iPadOS 13以降(2019年リリース)
  • macOS Monterey 12以降(2021年リリース)

iCloudドライブが同期する設定になっていたら、お互いにスクリプトを共有して利用することができます。

このページでは、公開するクリプト「PDF To Image」をインストールして実際に使う方法と、スクリプトの内容説明とカスタマイズについて解説します。

スポンサーリンク

手順①:公開スクリプト「PDF To Image」のインストール

▶︎ 以下のリンクをクリックして、公開スクリプトの公開ページを開きます。

▶︎ 図のように、ショートカットのスクリプト追加画面が表示されたら、ボタン「ショートカットを追加」をタップします。

iPhone アプリ「ショートカット」 ショートカットを追加

▶︎ 図のように、画面に「すべてのショートカット」と表示されて、今さっき追加した「PDF To Image」が表示されていたら、スクリプトのインストールは完了です。

引き続いて、次の章では実際にPDFをPNGなどの画像に変換してみます。

iPhone アプリ「ショートカット」 すべてのショートカット

スポンサーリンク

手順②:公開スクリプト「PDF To Image」の基本的な使い方

▶︎ 前章の最後に表示された、「すべてのショートカット」の画面を開いて、アイコン「PDF To Image」をタップします。

iPhone アプリ「ショートカット」 すべてのショートカット

▶︎ ファイルを指定する画面が表示されるので、画像に変換したいPDFをタップします。

ここでは一例として、矢印の地図のPDFをタップしてみます。

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」 最近使った項目

▶︎ 図のように、「PDFを写真アルバムに保存することを許可しますか?」と表示されて、アクセス許可の画面が表示されたら、ボタン「常に許可」をタップします。

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」 写真アルバムのアクセス許可

▶︎ 図のように、「通知を表示することを許可しますか?」と表示されて、通知表示の許可の画面が表示されたら、ボタン「許可」をタップします。

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」 通知の許可

▶︎ 図のように、「PDF To Image – PDF converted to image!」と表示されたら、変換完了です。

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」 通知の表示

▶︎ 変換された画像は、アプリ「写真」を開くと表示されます。

アプリ「写真」
アプリ「写真」
下向き矢印
iPhone アプリ「写真」 アルバム
下向き矢印
iPhone アプリ「写真」 写真の表示

▶︎ アプリ「写真」から画像ファイルとして書き出す場合は、左下のアイコン「共有」をタップして、項目「”ファイル”に保存」をタップします。

iPhone アプリ「写真」 写真の表示 共有
下向き矢印
iPhone アプリ「写真」 写真の表示 共有
下向き矢印
iPhone アプリ「写真」 写真の表示 共有 ファイルの保存場所の指定
保存場所を指定して「保存」

▶︎ 保存した画像ファイルを開くには、アプリ「ファイル」から行います。

iPhone アプリ「ファイル」

▶︎ 公開スクリプト「PDF To Image」の基本的な使い方は以上です。

この後、スクリプト「PDF To Image」の内容説明とカスタマイズの説明になりますので、興味がある方は読み進めてください。

スポンサーリンク

おまけ:公開スクリプト「PDF To Image」の内容説明とカスタマイズ

▶︎ スクリプト「PDF To Image」の内容を見るために、アプリ「ショートカット」の画面「すべてのショートカット」に表示されたアイコンから、三点ドットのメニューアイコンをタップします。

iPhone アプリ「ショートカット」 「すべてのショートカット」 スクリプト「PDF To Image」

▶︎ 図のように、スクリプト「PDF To Image」の内容が表示されます。

全部で4段階のステップがあるので、それぞれを解説します。

iPhone アプリ「ショートカット」 「すべてのショートカット」 スクリプト「PDF To Image」

▶︎ ステップ①では、画像に変換する対象のPDFファイルを指定しています。

デフォルトでは1つのPDFのみ指定可能ですが、複数を選択することも可能です。

複数のPDFを画像に変換することが多い人は、ここを変更しておくのが良いでしょう。

デフォルトの設定

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」

複数ファイルの選択に変更後

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」

▶︎ ステップ②では、画像のファイル形式を変更できます。

デフォルトではPNG形式となっていますが、これはペイント・イラスト系には強い画像形式です。

写真系にはJPEG形式の方が適しているので、必要に応じて変更してください。

デフォルトの設定

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」

多くの画像ファイル形式から変更可能

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」

▶︎ ステップ③では、変換した画像ファイルの保存場所を指定しています。

保存場所とは、アプリ「写真」のアルバムの名称になります。

PDFを画像に変換する機会が多い場合は、特定のアルバムを作って、その中に保存するように変更した方が管理がしやすいでしょう。

デフォルトの設定

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」

保存先のアルバムを変更可能

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」

▶︎ ステップ④では、変換完了時の通知についての設定です。

デフォルトでは通知内容が英語の「PDF converted to Image!」となっていますが、日本語に変更することもできます。

また、通知そのものを削除してもスクリプトは動きますが、変換完了時に通知があった方が便利なので、削除しないことをおすすめします。

デフォルトの設定

iPhone アプリ「ショートカット」 スクリプト「PDF To Image」

▶︎ 以上が、公開スクリプト「PDF To Image」の内容説明とカスタマイズの説明となります。

スポンサーリンク

まとめ

Phone/iPadで、PDFをPNGやJPEGの画像に変換する方法を説明しました。

標準アプリ「ショートカット」を使ったので標準機能で無料で使えますが、これを機会に「ショートカット」を少しづつ使い始めて、iPhone/iPad/Macで出来ることを増やすのはどうでしょうか。

なお、今回はPDFを画像に変換しましたが、逆に画像ファイルをPDFファイルに変換するのは、以下の記事をご覧ください。

iPhoneとノートパソコンを一緒に持ち歩く人に、おすすめのケーブルを紹介します。

外出するときには難しいことは何も考えず、このケーブルを2本ほど持っていくだけで、全ての充電・給電が可能です。

USB Type-Cとライトニングの両対応PDケーブル

充電ケーブル3in1 60WPD対応 急速充電 usb c ケーブル 1.2m USBケーブル 高速データ転送 type-c to type-c ケーブル USB C to USB A 変換アダプタ タイプC/マイクロ 一本多役 usb type - c ケーブル 多機能充電コード 高耐久ナイロン編み 多機種対応 正規充電器対応
enablink
¥1,880(2022/12/02 11:12時点)
【一本多役&フルスピード充電】1本2プラグ、自由切替、2種充電プラグ付き、各種のデバイスの充電要求に応えて、プラグ自由に切替できます! 60W急速充電 PD对応、最大20V 3Aの出力で、高速安全充電を実現。(※本製品はデータ転送及び充電にのみ対応し、映像出力には対応しておりません。)

以下がおすすめポイントです。

  • 充電元がUSB Type-CとType-Aの対応
  • 充電先がUSB Type-Cとライトニングの対応
  • 変換アダプタがケーブルに紐づいているので、持ち運び忘れがない
  • PD対応で60Wまで充電可能

このケーブルは互換アダプタなしでiPhone/iPad/ノートパソコン/ACアダプタ/モバイルバッテリの全てに対応可能です。

ただし、一部の機器や古いAndroidスマホではマイクロUSBがまだ使われているので、そこだけ注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました