アプリ

iPhone/iPadでアプリのダウンロード・インストールの履歴を確認・非表示(削除)・再表示する方法と注意点

iPhone/iPadでは、一度でもダウンロード・インストールしたアプリには、App Store上では雲のアイコンが表示されます。 このページでは、このダウンロードの履歴をアプリ一覧で確認する方法と、履歴を非表示・再表示する方法を紹介します。 2023年1月の現時点では、Apple IDの仕組み上アプリのダウンロード履歴を完全削除することはできず、非表示で対応することになります。
アプリ

iPhone/iPadのインストール済みアプリ一覧リストをCSVでエクスポートするMac用アプリ「Apple Configurator」

iPhone/iPadでインストール済みのアプリ一覧をCSVファイルでエクスポートできるMac用アプリ「Apple Configurator」を紹介します。 このアプリは、本来は企業や学校でアップル製品を管理する管理者用のアプリですが、一般ユーザでもカンタンな操作でアプリ一覧のCSVがエクスポートできるので、使い方を説明します。
アプリ

iPhone/iPadでアプリ「Fing」の使い方

ネットワーク管理アプリ「Fing」では何ができるか、基本的な使い方について説明します。 「Fing」では、ネットワーク上のすべてのデバイスの情報表示が主な機能になります。
「ファイル」アプリ

iPhone/iPadでダウンロードしたファイルはどこ?保存場所設定の確認と変更方法

iPhone/iPadでSafariなどのWebブラウザを使っていたり、アプリを使っているときに、ダウンロードしたファイルの探し方を説明します。 Safariのダウンロード先は設定で確認・変更することができるので、その方法も説明します。
基本操作

iPhone/iPadの空き容量を確認する2つの方法

iPhone/iPadで、内蔵ストレージの空き容量を確認する方法を2つ紹介します。 1つは手軽に空き容量を確認したい時、もう1つは空き容量に加えて「具体的にどのアプリが容量を使っているか?」といった内訳を確認したい時に使うと便利です。 さらに、後者は不要なアプリやデータを削除することもできます。
「写真」アプリ

iPhone/iPadの空き容量を増やすには、「使用容量が大きいデータ」か「使わないデータ」から削除すべき

iPhone/iPadで空き容量を増やす方法を紹介します。 ネットでは色々な削除方法が紹介されていますが、このページでは「使用容量が大きいデータ」か「使わないデータ」から削除する方針で紹介します。 なぜなら、その方が手間に対して効果が大きいからです。
「ファイル」アプリ

iPhone/iPadで、アプリ「写真」の写真や、アプリ「ファイル」の画像ファイル(JPEGやPNGなど)を、PDFに変換する方法(標準機能を使用)

Phone/iPadで、アプリ「写真」の写真や、アプリ「ファイル」の画像ファイルを、PDFに変換する方法を紹介します。 ここで紹介する方法は、OS標準機能の「共有 → プリント」機能を使うので無料です。 また、画像・写真は1枚だけでも、2枚以上あってもOKです。
「ファイル」アプリ

iPhone/iPadで、PDFをPNGやJPEGなどの画像に変換する方法(標準アプリかつ無料)

Phone/iPadで、PDFをPNGやJPEGの画像に変換する方法を紹介します。 ここで紹介する方法は、標準アプリ「ショートカット」の公開スクリプトを使うので無料です。 また、スクリプトの内容の説明と、自分好みにカスタマイズする方法も説明します。
Safari

iPhone/iPadで長い画面のスクショをフルページで撮る方法

iPhone/iPadで、Webページなどスクロールが必要な長い画面のスクショを、フルページで撮る方法を紹介します。 フルページで撮れるための条件や、実際の操作方法を説明します。
アプリ

自分のiPhone/iPadから他人のAndroidスマホに写真・動画・ファイルを簡単に送れる無料アプリ「Send Anywhere」

Phone/iPadから写真やファイルをAndroidにカンタンに送れる無料アプリ「Send Anywhere」を紹介します。 メリット・デメリットと、具体的な使い方についてです。
タイトルとURLをコピーしました