当サイトのリンクには商品・サービスのPRを含む場合があります。

iPhone/iPadで、アプリ「写真」の写真や、アプリ「ファイル」の画像ファイル(JPEGやPNGなど)を、PDFに変換する方法(標準機能を使用)

PDFをJPG/PNGに変換 基本操作
更新日:2023年06月07日

投稿日:2023年01月10日

Phone/iPadで、アプリ「写真」の写真や、アプリ「ファイル」の画像ファイルを、PDFに変換する方法を紹介します。

ここで紹介する方法は、OS標準機能の「共有 → プリント」機能を使うので無料です。

また、画像・写真は1枚だけでも、2枚以上あってもOKです。

このページの内容は、以下の環境で検証しています。

  • OS:iOS 16.2
  • 端末:iPhone SE(第二世代)
スポンサーリンク

概要

iPhone/iPad(Macも)では、OSの標準機能として、プリント先をPDFファイルに指定することができます。

よって、特別な追加アプリなしで、PNG画像やJPEG写真をPDFに変換することができます。

このページでは、iPhone/iPadの以下2つの標準アプリを使った方法を紹介します。

  • ① アプリ「写真」の写真
  • ② アプリ「ファイル」の画像ファイル
スポンサーリンク

① アプリ「写真」の写真をPDFに変換する方法

▶︎ アプリ「写真」を起動します。

アプリ「写真」

▶︎ アプリ「写真」が起動したら、「共有」機能を呼び出しますが、変換対象の画像が1枚だけかor2枚以上かによって、以下のように操作が異なります。

  • 1枚だけ・・・「操作a)」を行う
  • 2枚以上・・・「操作b)」を行う

操作a)

▶︎ 画像一覧の画面で、変換対象の画像をタップする。

iPhone アプリ「写真」
下向き矢印

▶︎ 画面左下のアイコン「共有」をタップする。

iPhone アプリ「写真」

操作b)

▶︎ 画像一覧の画面で、右上のボタン「選択」をタップする。

iPhone アプリ「写真」
下向き矢印

▶︎ 画像が選択可能な状態になるので、対象の画像をタップする。

iPhone アプリ「写真」
下向き矢印

▶︎ 画面左下のアイコン「共有」をタップする。

iPhone アプリ「写真」

▶︎ ここからあとは、操作a)と操作b)ともに、OSの標準機能の「共有 → プリント」を使うので、操作方法は同じです。

よって、操作a)をもとに説明を続けます。

▶︎ 共有の操作画面が表示されたら、画面を下にスクロールして、「プリント」と書かれた項目を探します。

iPhone アプリ「写真」 共有の操作画面

▶︎ 項目「プリント」が見つかったら、タップします。

iPhone アプリ「写真」 共有の操作画面

▶︎ プリントの操作画面に変わったら、画面の上のタイトル「プリントオプション」の右横の共有アイコンをタップします。

iPhone アプリ「写真」 共有の操作画面

▶︎ 共有の操作画面が表示されたら、「”ファイル”に保存」と書かれた項目をタップします。

iPhone アプリ「写真」 共有の操作画面 プリントオプション

▶︎ ファイル保存の操作画面が表示されるので、適当なファイル名をつけて、適当な保存場所を指定したら、右上の文字「保存」をタップして保存します。

iPhone アプリ「写真」 共有の操作画面 プリントオプション ファイルに保存

▶︎ 保存したPDFファイルは、アプリ「ファイル」の「最近使った項目」を開くと表示することができます。

iPhone アプリ「ファイル」

スポンサーリンク

② アプリ「ファイル」の画像ファイルをPDFに変換する方法

▶︎ アプリ「ファイル」を起動します。

iPhone/iPad アプリ「ファイル」

▶︎ アプリ「ファイル」が起動したら、「共有」機能を呼び出しますが、変換対象の画像が1枚だけかor2枚以上かによって、以下のように操作が異なります。

  • 1枚だけ・・・「操作a)」を行う
  • 2枚以上・・・「操作b)」を行う

操作a)

▶︎ ファイル一覧の画面で、変換対象の画像をタップする。

iPhone アプリ「ファイル」
下向き矢印

▶︎ 画面左下のアイコン「共有」をタップする。

iPhone アプリ「ファイル」

操作b)

▶︎ ファイル一覧の画面で、右上の3点ドットのメニューアイコンをタップする。

iPhone アプリ「ファイル」
下向き矢印

▶︎ メニュー項目が表示されたら、「選択」をタップする。

iPhone アプリ「ファイル」
下向き矢印

▶︎ ファイルが選択可能な状態になるので、対象の画像をタップする。

iPhone アプリ「ファイル」
下向き矢印

▶︎ 画面左下のアイコン「共有」をタップする。

iPhone アプリ「ファイル」

▶︎ ここからあとは、操作a)と操作b)ともに、OSの標準機能の「共有 → プリント」を使うので、操作方法は同じです。

よって、操作a)をもとに説明を続けます。

▶︎ 共有の操作画面が表示されたら、画面を下にスクロールして、「プリント」と書かれた項目を探します。

iPhone アプリ「ファイル」 共有メニュー

▶︎ 項目「プリント」が見つかったら、タップします。

iPhone アプリ「ファイル」 共有の操作画面

▶︎ プリントの操作画面に変わったら、画面の上のタイトル「プリントオプション」の右横の共有アイコンをタップします。

iPhone アプリ「ファイル」 共有の操作画面

▶︎ 共有の操作画面が表示されたら、「”ファイル”に保存」と書かれた項目をタップします。

iPhone アプリ「ファイル」 共有の操作画面 プリントオプション

▶︎ ファイル保存の操作画面が表示されるので、適当なファイル名をつけて、適当な保存場所を指定したら、右上の文字「保存」をタップして保存します。

iPhone アプリ「ファイル」 共有の操作画面 プリントオプション ファイルに保存

▶︎ 保存したPDFファイルは、アプリ「ファイル」の「最近使った項目」を開くと表示することができます。

iPhone アプリ「ファイル」

スポンサーリンク

まとめ

Phone/iPadで、アプリ「写真」の写真や、アプリ「ファイル」の画像ファイルを、PDFに変換する方法を紹介しました。

今回は、画像ファイルをPDFファイルに変換しましたが、逆にPDFを画像に変換するのは、以下の記事をご覧ください。

iPhoneとノートパソコンを一緒に持ち歩く人に、おすすめのケーブルを紹介します。

外出するときには難しいことは何も考えず、このケーブルを2本ほど持っていくだけで、全ての充電・給電が可能です。

USB Type-Cとライトニングの両対応PDケーブル

以下がおすすめポイントです。

  • 充電元がUSB Type-CとType-Aの対応
  • 充電先がUSB Type-CとライトニングとマイクロUSBの対応
  • 変換アダプタがケーブルに紐づいているので、持ち運び忘れがない
  • PD対応で60Wまで充電可能

このケーブルは互換アダプタなしでiPhone/iPad/ノートパソコン/ACアダプタ/モバイルバッテリの全てに対応可能です。

また、一部の機器や古いAndroidスマホではマイクロUSBがまだ使われていますが、それにも対応しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました