iPhone/iPadの名前を変えるメリット、変え方、変わらない時の対処法

Rename リネーム 改名 基本操作

iPhone/iPadの名前を変えるメリット、手順、変わらない時の対処法について説明します。

デフォルトの設定では個人の氏名が丸出しになってしまうので、セキュリティの面からも変更することを強くおすすめします。

スポンサーリンク

名前を変えるメリット

セキュリティの面から、次のメリットがあります。

  • AirDropから個人が特定されなくなる

AirDropとは、あるアップル製品の端末(iPhone/iPad/Mac)から他の端末にファイル/写真を無線で送信する機能です。

iPhone AirDrop 送信先リスト

図のように、デフォルトでは自分の氏名がAirDropの送信先リストに表示されるので、個人が特定されてしまいます。

そこで、iPhone/iPadを個人情報を含まないニックネームなどに変更すると、個人が特定されなくなるメリットがあります。

スポンサーリンク

名前を変える方法

以下は、iOS 16のiPhone SE(第二世代)を使って説明します。

OSや機種が違っても大まかな操作は同じなので、参考にしてください。

iPhoneの「設定」アイコン

▶︎ アプリ「設定」を起動します。

iPhoneの「設定」

▶︎ アプリ「設定」が起動したら、項目「一般」をタップします。

iPhoneの「設定」-「一般」

▶︎ 項目「一般」が開いたら、項目「情報」をタップします。

iPhoneの「設定」-「一般」-「情報」

▶︎ 項目「情報」が開いたら、項目「名前」をタップします。

iPhoneの「設定」-「一般」-「情報」-「名前」

▶︎ 項目「名前」が開いたら、個人が特定されない名前に変更します。

変更したら、左上の「情報」をタップすると確定されます。

▶︎ ここまででiPhone/iPadの名前が変更できますが、変更できない場合は次の章に進んでください。

スポンサーリンク

名前が変わらない時の対処法

iPhone/iPadの名前が変えられない原因としては、iOS/iPadOSの一時的な不具合が考えられます。

この場合は、iPhone/iPadを再起動すると直る場合が多いです。

再起動の方法は、ホームボタンがある機種/ない機種でやり方が異なります。

ホームボタンがあるiPhone/iPadの再起動方法

以下は、iOS 16のiPhone SE(第二世代)を使って説明します。

OSや機種が違っても大まかな操作は同じなので、参考にしてください。

iPhone SE

▶︎ iPhone/iPadの電源ボタンを長押しします。

iPhone 電源オフ

▶︎ 画面に「スライドで電源オフ」と表示されたら、アイコンを右にスライドして電源オフにします。

iPhone 電源を入れる

▶︎ 電源がオフになったら、電源ボタンをしばらく押し続けます。

iPhone 電源を入れる

▶︎ 画面にりんごマークが表示されたら、電源ボタンの指を離します。

iPhone 電源を入れる 再起動時のパスコード入力画面

▶︎ 画面にパスコード入力を要求されたら入力して、再起動を完了します。

この後、先に説明した方法でiPhone/iPadの名前を変えてみます。

ホームボタンがないiPhone/iPadの再起動方法

以下は、iPadOS 15のiPad Air(第四世代)を使って説明します。

OSや機種が違っても大まかな操作は同じなので、参考にしてください。

iPhone/iPad アプリ「設定」

▶︎ アプリ「設定」を起動します。

iPhone/iPad アプリ「設定」-「一般」

▶︎ アプリ「設定」が起動したら、項目「システム終了」をタップします。

iPhone/iPad 電源オフ

▶︎ 画面に「スライドで電源オフ」と表示されたら、アイコンを右にスライドして電源オフにします。

iPhone/iPad 電源ボタンを押し続ける

▶︎ 電源がオフになったら、電源ボタンをしばらく押し続けます。

iPhone/iPad 電源を入れる

▶︎ 画面にりんごマークが表示されたら、電源ボタンの指を離します。

iPhone/iPad 電源を入れる 再起動時のパスコード入力画面

▶︎ 画面にパスコード入力を要求されたら入力して、再起動を完了します。

この後、先に説明した方法でiPhone/iPadの名前を変えてみます。

スポンサーリンク

まとめ

iPhone/iPadの名前の変更方法を紹介しました。

デフォルトの設定で氏名がそのままの人が多いので、変更方を知り合いの人にも教えてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました