AirDropに似た「Snapdrop」を使う

アプリ

iPhone/iPad/Macのアップル製品では、「AirDrop」という標準機能を使って、お互いの端末間でファイルの転送が簡単にできます。

AndroidやWindowsパソコン相手には「AirDrop」が使えませんが、これに似た「Snapdrop」というWEBサービスを紹介します。

概要

「Snapdrop」で何ができるか?

同じLAN内のスマホやパソコンで「Snapdrop」の公式サイトを開くと、ファイル転送できる相手が表示されます。

その相手に向かって写真や書類などのファイルをLAN経由で転送できます。

「Snapdrop」はWEBサービスなので、SafariやGoogle Chromeなどのブラウザーを使います。

アプリのインストールは不要です。

 

「AirDrop」との違い

  • 送信元と送信先のスマホやパソコンは、同一LAN内同士の必要がある
  • Bluetoothは使わない
  • iPhone/iPad/Android/Windows/Macで使用可能

手順

送信先の操作の前半

全2Step
  • Step 1

    ファイルの送信先の端末で、以下のリンクをクリックします。

    Snapdrop

    端末は、iPhone/iPad/Android/Windows/Macなど何でも構いません。

  • Step 2

    ここでは、Androidのスマホを使っています。

    図のように「Snapdrop」のサイトが開いたら、そのままにして「送信元の操作」に進みます。

    Snapdropの送信先

送信元の操作

全3Step
  • Step 1

    ファイルの送信元の端末で、以下のリンクをクリックします。

    Snapdrop

    端末は、iPhone/iPad/Android/Windows/Macなど何でも構いません。

  • Step 2

    ここでは、iPhoneを使っています。

    図のように「Snapdrop」のサイトが開いたら、①のように送信先の端末が表示されているかどうかを確認します。

    表示されていなければ、送信先と送信元のブラウザーを最新表示に更新してみてください。

    スマホの画面が消えているとき(スリープ時)は表示されないので、画面を表示してください。

    Snapdropの送信元

  • Step 3

    ①の送信先の端末をタップすると、②のように何を転送するかを選ぶ画面が表示されるので、適当な写真やファイルなどを指定します。

    この後続けて、「送信先の操作の後半」に進みます。

    SnapDropでファイルの指定

送信先の操作の後半

全3Step
  • Step 1

    送信先の端末では、図のように「File Received」と表示されるので、①の「DOWNLOAD」をタップします。

    Snapdropでファイルの受信

  • Step 2

    ファイルの受信が完了したら、①の「開く」をタップします。

    Snapdropで受信完了

  • Step 3

    図のように写真が表示できたので、問題なく受信できたことがわかりました。

    「Snapdrop」を使ったファイルの送信の説明は、ここまでです。

     

    Snapdropで受信完了ファイルの表示

コメント

タイトルとURLをコピーしました